<   2010年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

息子の幼稚園時代のお友達。フランチェスコのママはもの凄いお料理上手で、息子が遊びに行くといつもピザとかパスタとかおやつとかを作ってくれては食べさせてもらっていました。

で、ある日、家に帰って来た息子。

”ママ~~~フランチェスコのおうちで食べたお団子すごくおいしかった!!”

と帰って来た。

よくよく聞くとそれは”ニョッキ”というものらしい・・・(13年前。この食べ物知らなかった私)

ということで、フランチェスカママに教えてもらった正真正銘のニョッキです。


d0175277_22515815.jpg


フランチェスカママはイタリア人。誰もがイタリアママンというと

ポヨヨヨォ~~~ン

と想像してしまいがちな体格のいい、肝っ玉母さんって感じの彼女。

・・レシピってないんだけどねぇ~~。という彼女に無理矢理紙切れに書いてもらったレシピで作ったニョッキ。



イタリアでは”木曜日にはニョッキ”という習慣が元々は合ったらしいのだけど今はあまり関係なく、

”食べたい時に食べるのよ”

ということらしい。もっとも!もっとも!

ニョッキは簡単なんだけど、捏ね方がコツらしい。あのもちもちとしているけれど、歯切れのいい触感を作るには

練ってはだめ!!粉に卵をすこしづつまぶしていくような感じに・・・

とメモの走り書きに書いてありました。
習った頃、ちっちゃかった息子のお昼ご飯に何度も何度もつくったなつかしのレシピ。

今回は10月のお料理教室のレシピでも登場です。

フランチェスコママ・・・今頃どうしてるかな?今日も大きなお尻をふりふりパスタを捏ねているかな?


もう一つのブログPARIS-KYOTOセ・ラ・ヴィのほうにも遊びにいらしてくださいね~~~。


こちらのランキングに参加中。ポチッとして頂くとランキングがあがってうれしいで~~す。宜しくお願いします。


[PR]
by parismaman | 2010-09-28 22:53
"sennbajiru・・・・・ん?

”船場汁”やん!!

そうそう。すいません。今日は、フレンチじゃなくって和食どす。

日本に戻ってきて再開した茶懐石料理。

10月の先取り懐石のレシピということで、今日は船場汁です。

10月のお茶懐石は名残の懐石。

10月は鯖がおいしくなりますね。いまは9月なのでまだ脂ののったいいさばはあまり手に入らないのですが、錦の魚よしさんで、いいお魚を仕入、船場汁つくりました。

d0175277_1651635.jpg


大根の切れ端と、一塩した生の鯖、鯖のあらなどは絶対に沸騰させないようにして、火を通します。
そのあいだ、出来るだけ触らないようにして、ゆっくり火を通したら、鯖をお皿にあげて、煮汁を丁寧に漉します。

鯖に、楓麩と銀杏型に切り抜いてくちなしで黄色に染め上げたサツマイモを載せ、かつら剥きした大根、三つ葉で巻いて完成。

鯖にしっかり脂がのっていれば、大根のほのかな甘さとあいまって、とてもおいしいおつゆの完成です。

もう一つのブログPARIS-KYOTOセ・ラ・ヴィのほうにも遊びにいらしてくださいね~~~。


こちらのランキングに参加中。ポチッとして頂くとランキングがあがってうれしいで~~す。宜しくお願いします。


[PR]
by parismaman | 2010-09-08 16:10