カテゴリ:未分類( 8 )


このブログで参加させていただいてる

レシピブログさん

のお招きで、9月30日、大阪で開催されたスパイスセミナーでスパイスのお勉強をしてきました♪

スパイスを楽しく学ぶ「スパイスセミナーin大阪」レポート中!

なぜ、9月30日かって??

それはね。9月30日が

”クミンの日”

だからなのですよ。これ、ちゃんと認定されています。皆さんもおぼえてくださいねぇ~~~。

クミンだけではなく、色んなスパイスのお勉強をして来ました。

d0175277_1783145.jpg


日本ではあまり見かけないホール状のスパイス。

↓これなんだと思いますか?

d0175277_17101125.jpg


ハンバーグやホワイトクリームには欠かせないアレ・・・

そう。ナツメグです。

ナツメグはホールで買って、使う寸前におろして材料に混ぜると、粉になっているものとは格段に違う味がするのですが、原型はこんなものだったのですね。ビジュアル的にもなんだかおしゃれ。

赤い薄皮は”メース”といってお菓子などに入れるといいのですね。
(あまり日本では見かけませんけれど・・・)

テーブルの上にはありとあらゆるスパイスが並んでいて・・・これだけでもなんだか絵になります。
d0175277_1714749.jpg


それぞれのスパイスの効用や、歴史、使い方などのレクチャーをうけ、
d0175277_17145834.jpg


いよいよ、本日の”メインイベント”

オリジナルカレーの調合です。

カレーは基本的は

クミン、コリアンダーで香り付けをして、ターメリックで色付けをする。

この3つのスパイスが基本となります。

後は好みでということになるのですが、

私は辛いものが大好きなので レッドペッパーを多めに、

そしてさらに香りを混合して・・・シナモン、カルダモン、

爽やかさを出すために、フェヌグリーク、フェンネル

赤みを増やすのに パプリカ

こくを増やすのに ガーリックパウダー

を入れてみました。

その後、ハウス食品さんのスパイスマスターの方が作ってくださったカレーを試食させて戴きました。

調合したカレーパウダーは家に持ち帰り、昨日

本格キーマカレー

つくりました。

本当はすぐに作りたかったのですが、

スパイスは調合してから3日程置いて置いた方が良い

とのスパイスマスターさんからのご説明どうり3日程寝かせたというわけでした。

d0175277_17341463.jpg


付け合せにはこれも教えていただいたレシピのプチトマトのピクルスを。ホールのピクリングスパイスが入っています。
折角の本格カレー。”ナン”を焼いて添えました。ご飯も良いけどナンと頂くと格別。
d0175277_1747614.jpg


スパイスを使ったレシピは↓のハウス食品さんのホームページにたくさんのっています。とても楽しいので是非是非一度のぞいてみてくださいね。

スパイス オブ ライフ


デザートは以前にインドからの留学生の学生さんに習った

ハルワ

を作りました。(初!!)

d0175277_1755511.jpg

にんじんとカルダモンとアーモンドパウダーをコネコネして甘く仕上げたデザート。カレーの後に頂くととてもおいしいのです。

カレーに合うワインは???

個人的にはアルザスのゲブルツトラミネールなぞが合うのでは?と思うのですが・・・・・いかがでしょうか?

ワインストックの中になかったので、今日はこんなラングドックのCITE ROUGEを。

太陽の味のする自然派ワインを合わせてみたのですが。ちょっとけんかしちゃったかな?という感じでした。感覚ではバッチリだったのですけれどね。これもスパイスのなせる複雑さでしょうか?

d0175277_17571562.jpg


ところで今回このセミナーに参加させて戴いたのには、一つ大きな理由があって。
クスクススパイスを自分で作ってみたい!というのがありました。

私のブログに頻繁に出てくる、私のパリのママン。ファティマ。彼女はアルジェリア人なのですが、帰国直前、うちの家に遊びに来てくれると、いつもクスクスを作って帰ってくれたのでした。それがおいしくっておいしくって・・・・勿論ちゃんと作り方も聞いてきたのですが、アルジェリアやパリにはちゃんとクスクスを作るための混合スパイス

RAZ EL  HANOUT

というのがあってね。

このスパイスは色んなメーカーからクスクススパイスとして売られているのだけど、この

SAMIA

というメーカーのものが格別においしいのです。

この間もこれファティマから送ってきたばっかり。まだまだたくさんあるのですが、このSAMIA の RAZ EL HANOUTに近づけるべく、オリジナルなクスクススパイスを作ろうと思っています。

とりあえずは

d0175277_1843455.jpg


つくってみました。

赤いクスクスは本来は子羊のクスクスなのですが、日本にはなかなか売っていないので、肉団子と鶏肉を使ってのレッドクスクスです。

これでもかなりいけてた!!

と自分では思っているのですが、スパイスを調合をすこしづつ変えたものを何種類か作り、パリに送ってファティマに試食してもらおうと思っています。

来年明けたら、

お料理教室でクスクスの講習

やります。レシピはパリのママン、ファティマのレシピ。それを日本人の私が日本人の口に合うようにすこし変更して、ご紹介したいと思っています。

どうぞお楽しみにね~~~。


もう一つのブログPARIS-KYOTOセ・ラ・ヴィのほうにも遊びにいらしてくださいね~~~。


こちらのランキングに参加中。ポチッとして頂くとランキングがあがってうれしいで~~す。宜しくお願いします。


[PR]
by parismaman | 2010-10-05 17:15
息子の幼稚園時代のお友達。フランチェスコのママはもの凄いお料理上手で、息子が遊びに行くといつもピザとかパスタとかおやつとかを作ってくれては食べさせてもらっていました。

で、ある日、家に帰って来た息子。

”ママ~~~フランチェスコのおうちで食べたお団子すごくおいしかった!!”

と帰って来た。

よくよく聞くとそれは”ニョッキ”というものらしい・・・(13年前。この食べ物知らなかった私)

ということで、フランチェスカママに教えてもらった正真正銘のニョッキです。


d0175277_22515815.jpg


フランチェスカママはイタリア人。誰もがイタリアママンというと

ポヨヨヨォ~~~ン

と想像してしまいがちな体格のいい、肝っ玉母さんって感じの彼女。

・・レシピってないんだけどねぇ~~。という彼女に無理矢理紙切れに書いてもらったレシピで作ったニョッキ。



イタリアでは”木曜日にはニョッキ”という習慣が元々は合ったらしいのだけど今はあまり関係なく、

”食べたい時に食べるのよ”

ということらしい。もっとも!もっとも!

ニョッキは簡単なんだけど、捏ね方がコツらしい。あのもちもちとしているけれど、歯切れのいい触感を作るには

練ってはだめ!!粉に卵をすこしづつまぶしていくような感じに・・・

とメモの走り書きに書いてありました。
習った頃、ちっちゃかった息子のお昼ご飯に何度も何度もつくったなつかしのレシピ。

今回は10月のお料理教室のレシピでも登場です。

フランチェスコママ・・・今頃どうしてるかな?今日も大きなお尻をふりふりパスタを捏ねているかな?


もう一つのブログPARIS-KYOTOセ・ラ・ヴィのほうにも遊びにいらしてくださいね~~~。


こちらのランキングに参加中。ポチッとして頂くとランキングがあがってうれしいで~~す。宜しくお願いします。


[PR]
by parismaman | 2010-09-28 22:53
"sennbajiru・・・・・ん?

”船場汁”やん!!

そうそう。すいません。今日は、フレンチじゃなくって和食どす。

日本に戻ってきて再開した茶懐石料理。

10月の先取り懐石のレシピということで、今日は船場汁です。

10月のお茶懐石は名残の懐石。

10月は鯖がおいしくなりますね。いまは9月なのでまだ脂ののったいいさばはあまり手に入らないのですが、錦の魚よしさんで、いいお魚を仕入、船場汁つくりました。

d0175277_1651635.jpg


大根の切れ端と、一塩した生の鯖、鯖のあらなどは絶対に沸騰させないようにして、火を通します。
そのあいだ、出来るだけ触らないようにして、ゆっくり火を通したら、鯖をお皿にあげて、煮汁を丁寧に漉します。

鯖に、楓麩と銀杏型に切り抜いてくちなしで黄色に染め上げたサツマイモを載せ、かつら剥きした大根、三つ葉で巻いて完成。

鯖にしっかり脂がのっていれば、大根のほのかな甘さとあいまって、とてもおいしいおつゆの完成です。

もう一つのブログPARIS-KYOTOセ・ラ・ヴィのほうにも遊びにいらしてくださいね~~~。


こちらのランキングに参加中。ポチッとして頂くとランキングがあがってうれしいで~~す。宜しくお願いします。


[PR]
by parismaman | 2010-09-08 16:10
プッタネスカ・・・ナンデスカ??

今日はイタリアンの豚肉料理です。

プッタネスカ・・それはね、娼婦という意味。

豚肉の娼婦風というお料理です。

イタリア料理はこんな風に○○風というのがたくさんあって、

漁師風、きこり風、粉屋の娘風など・・・・その中でも娼婦風というのはかなりインパクトがありますが、

トマトソースと黒オリーブで煮込んだお料理を”娼婦風”と言うのだそう。

その色合いのインパクトからか・・・忙しい娼婦さん(さんってつけるのおかしい??)でもあっという間に作れちゃうからとか・・色んないわれがありますが・・・

d0175277_2214666.jpg


↑こんなお料理です。

パリで一番よく作ったお料理かもしれません。これを作るのに抜群のトマトソースがあったのでね。
日本ではもう手に入らないので、少し甘めのそのトマトソースを再現してみて作りました。

かなり甘めのほんとうにおいしいおいしいトマトソースだったなぁ~~~。それを再現するのに蜂蜜とフライドオニオンをつかいました。暑いときなので煮込むのも辛いから電子レンジでかんたんにトマトソースを作りました。

最初に一緒に炒めるたまねぎのおかげで豚肉がとても柔らかくなり。トマトソースに忍ばすレモンの皮とローズマリーがまたアクセントになっています。

豪華そうにみえますが、15分もあれば完成。次々回のお料理教室のメイン料理の一つです。

もう一つのブログPARIS-KYOTOセ・ラ・ヴィのほうにも遊びにいらしてくださいね~~~。


こちらのランキングに参加中。ポチッとして頂くとランキングがあがってうれしいで~~す。宜しくお願いします。


[PR]
by parismaman | 2010-08-30 22:02
8月のお料理教室の主菜は鶏肉だったんっだけど、

鶏肉が召し上がられない方がいらっしゃったので、この日は急遽主菜をこれに変更しました。

d0175277_23434363.jpg


この紙包み焼き。オーブンペーパーにお野菜と鮭とお味噌ベースのクリームソースをかけて、お味的にはちょっと

鮭のちゃんちゃん焼き風。


ですので、この日は少しご飯も・・と思い、山椒ご飯をお湯のみに入れて一緒にお出ししました。

紙を破ると閉じ込められたお味噌クリームの香りが

ふわぁ~~~~

と広がって、まだぐつぐつ言っているクリームにレモン汁を絞って召し上がっていただきました。

香りをちゃんと封じ込めるためには紙の包み方も大切。包み方はしっかりみていただいて講習を行いました。

事前に準備しておけて、後の洗い物も殆ど無し!!でも豪華に見えて簡単でおいしぃ~~~。

講習の帰りがけに鮭を買って晩御飯にもつくりました~~という嬉しいお声模いただきました。



もう一つのブログPARIS-KYOTOセ・ラ・ヴィのほうにも遊びにいらしてくださいね~~~。


こちらのランキングに参加中。ポチッとして頂くとランキングがあがってうれしいで~~す。宜しくお願いします。


[PR]
by parismaman | 2010-08-23 23:34
またまた

”なに??

という聞きなれないお料理ですが、このアヒージョというのはスペイン料理。スペインのバールなどに行けばかならずある、オイル煮です。

最近友人と行った大阪のワインバーで久しぶりに食べて、以前スペインのバールで食べて美味しさに感動したのを思い出し、その旅行の際に買ってきた

スペイン料理の本

を引っ張り出して、その時に舌に残った感動を思い浮かべながらつくりました。

d0175277_11153848.jpg


本当は専用の土鍋がある、このお料理なのですが、今日は小さなSTAUBのお鍋で作りました。

アヒージョは 海老や鶏肉、きのこで作ることが多いのですが、今日は

鶏もも肉と砂づりで作りました。

作り方はいたって簡単。

鶏もも肉、砂づりは小さな一口大に切り、2時間以上前に、クレイジーソルトをまぶして、なるべく中まで塩味をしみこませるようにします。

お鍋の中にオリーブオイル、ニンニクのみじん切り(かなりたっぷりね。)、赤唐辛子を浸して用意しておく。

お鍋を火にかけて、ニンニクの表面がぷつぷつしてきたら、鶏肉を入れて、塩、胡椒をぱらぱら・・・・中火にしてゆっくりと火を通します。
最後にパセリとかローズマリーとかをオイルに入れていただきま~~~す。

今日はひさしぶりにフォカッチャも焼きました。今日はナチュラルで、美味しい岩塩のみで焼きました。アヒージョのオイルをフォカッチャにつけていただくともうめちゃくちゃ美味しいのです。

d0175277_11202783.jpg




オリーブオイルは火を入れるので、安いもので充分です~~。


あ!このお料理。ワインが滅茶苦茶すすみます。

・・白いご飯には?・・・・・それは微妙かも。ですけどね。





もう一つのブログPARIS-KYOTOセ・ラ・ヴィのほうにも遊びにいらしてくださいね~~~。


こちらのランキングに参加中。ポチッとして頂くとランキングがあがってうれしいで~~す。宜しくお願いします。


[PR]
by parismaman | 2010-08-15 11:16
以前からやっているブログ

paris-kyoto セ・ラ・ヴィ
アップ中の遊子庵でのお料理。

前菜のピンチョスサラダをご紹介。

・・・といっても串に刺すだけなんですけどね~~~

ピンチョスというのはスペインのバールで、簡単に指でつまんで食べれるおつまみ・・・前菜でこんな感じで出してもインパクトがあるかな~~~。

d0175277_237051.jpg


今回はウズラ卵、ピクルス、生ハム、バジル、ミニトマト、黒オリーブ、プチトマト、チーズなど。
途中に空間をあけるのがおしゃれに見せるコツ。チーズを大きくすると立てることもできますよ~~~。
今回は総勢20名のパーティでしたので、このままおだししましたが、(自分のお皿に取り分ける時にオイルが落ちますからねぇ・・・)美味しいオリーブオイルをひとかけしてもまたまた味が引き立ちます。

彩が綺麗になれば刺すものはご自由に・・・みなさんは何を刺しますか?アイデアを教えてね~~



もう一つのブログPARIS-KYOTOセ・ラ・ヴィのほうにも遊びにいらしてくださいね~~~。


こちらのランキングに参加中。ポチッとして頂くとランキングがあがってうれしいで~~す。宜しくお願いします。


[PR]
by parismaman | 2010-06-26 23:10
はじめまして・・・・かな?
parismamanです。もう一つのブログではparisatsukoでおなじみ(??)

通算10年間のパリ生活で2人の男の子のママとして、雨の日も風の日もご飯をつくってきました。
見慣れない食材を使って大失敗したり、日本と同じ食材を使っても味が違ったり・・・

3ヶ月前に生まれ故郷の京都に帰ってきてここでも毎日ご飯作ってます。
ここ、生まれ育った京都の地でお料理の活動も少しづつ始めました。
つい先ごろ関西のお料理ユニット

RECIPE LAB piattopiatto

にも参加させて戴き、初仕事がテレビ出演。関西の朝のモーニングショー、

おはよう朝日です。

でレシピを紹介させて戴きました。

おはよう朝日です。でのレシピはこちら・・・・

小さな時からおばあちゃんが作ってくれたなつかしい京都のふつうのごはん、京都にしかない食材・・・そんなものを少しづづご紹介しながら、京都の食材を使ってちょっとおしゃれなフレンチチックなお料理を作ります。

簡単フレンチ と 京都食材のコラボ。新しい食材のコラボから新しい味が生まれるといいな~~

お料理教室も近々開講予定です。

どうぞ宜しくお願いします。




もう一つのブログPARIS-KYOTOセ・ラ・ヴィのほうにも遊びにいらしてくださいね~~~。


こちらのランキングに参加中。ポチッとして頂くとランキングがあがってうれしいで~~す。宜しくお願いします。


[PR]
by parismaman | 2010-06-22 18:04